CIA 就職活動

CIA(公認内部監査人)の資格は就職に役立つか?

CIA(公認内部監査人)の資格を取得すると、
就職活動や転職に有利に働くものなのか?は、やっぱり気になりますね。

 

 

結論から言いますと、CIA資格取得者は、就職に際して有利なキャリアを
持っていることは確実です。

 

 

なぜなら、CIA資格取得者の会計業務・監査業務の実務者というのは、
まだまだ絶対数が少ないのが現状だからです。

 

 

まだまだ少数派である資格を今のうちに取得しておけば、
当然、就職時に有利な資格として、企業側にアピールすることが出来ることでしょう。

 

 

企業側でもたとえ実務経験があっても試験に合格するかどうか分からない人を採用するよりは、
実務経験を重ねれば必ず企業の中枢となることが出来るCIA資格取得者を採用するほうが、ずっと得であるという理由もあります。

 

 

また、中には、CIA資格の次に公認会計士資格を目指そうという人もいると思います。
そのような人にとって、企業の内部監査の仕事というのは大変役に立ちます。

 

 

公認会計士の資格は、監査法人だけではなく、今や一般の企業でも必要とされる
時代になってきています。

 

 

ですから、CIAなどの会計や監査に関する資格を持っている人に対して、
公認会計士の資格を取得するためのスクール通学、試験の受験に関して
厚く便宜を図っている企業も結構多いです。

 

 

CIAの資格を取得することは、就職に対して他の人と差別化を図ることができ、
企業にキャリアをPRすることが出来ますので、就職活動に際して有利であると言えます。